椎間板ヘルニアならレーザー治療を利用する【ツライ痛みを改善】

女医

ヘルニアの最新治療法とは

病院

椎間板ヘルニアは椎間板と呼ばれる背骨の組織に故障が生じ、手足のしびれや痛みなどを引き起こす病気です。重症の場合はヘルニア部分を取り去る外科手術が必要となりますが、最近は身体への負担が軽いレーザー治療の普及が進んでいます。

薄くなった椎間板の治療

看護師

椎間板ヘルニアは、潰れてはみ出た椎間板を切り取るという方法で治療されています。しかし現在では切らずに済むレーザー治療もおこなわれるようになっています。レーザーで椎間板に小さな穴をあけると、その穴が塞がっていく過程で、潰れた状態も改善されていくのです。入院は1泊で済みますし、日帰りでの治療も可能です。

痛みの原因を解消します

聴診器を持つ女性

椎間板ヘルニアは症状が軽いものなら運動や薬の治療で改善できます。そういったもので改善が出来ない場合はレーザー治療を行なうといいでしょう。レーザー治療なら痛みの原因を解消することができるのです。再発の可能性も低くなります。

レーザーで椎間板に穴を

ナース

日帰りも可能

椎間板とは背骨の腰の部分に存在している軟骨のことで、これが圧迫されてはみ出てしまった状態が、椎間板ヘルニアです。椎間板ヘルニアは、はみ出た椎間板を手術で切除すれば、完治させることができます。しかし昨今では、切除せずに椎間板を温存できるレーザー治療が、注目されるようになっています。手術の場合は、背中を切開することになるので、体の負担がやや多めです。入院することになりますし、退院後も背中や腰を激しく動かさないように安静にする必要があります。しかしレーザー治療の場合、日帰りをすることが可能です。仕事などを長く休まずに済みますし、激しすぎなければ、日常での動作を問題なくおこなうことができます。たとえば入浴も、治療当日におこなうことができるのです。

椎間板の自然治癒力

椎間板ヘルニアのレーザー治療は、具体的には、背中に小さな切れ込みを入れ、そこから細い管を挿入した上で、椎間板にレーザーを照射するという方法でおこなわれます。レーザーを照射すると、その熱によって、椎間板には傷がつきます。レーザーは光エネルギーを一点に収束したものなので、これによってつく傷は、ごく小さなものです。しかし体は、小さくても傷を癒そうと、自然治癒力を働かせます。それによって、つけられた小さな傷は治りますし、それと同時に、はみ出てしまっている状態も改善されていくのです。椎間板が温存されますし、背中に入れた切れ込みも小さいので、体はスピーディに回復します。術後の痛みも少なくて済むので、椎間板ヘルニアに悩む人の多くが、レーザー治療を選択しています。